リボーン側溝シリーズ - Ecoンビ工法  既存の側溝の蓋だけを取り替えて騒音防止! Ecoンビ工法の施工現場&実施状況

既存側溝 安価補修するなら・・・  
Ecoンビ工法NETIS HR-120004-A)   施工現場&実施状況
既存の側溝に
Ecoンビ工法を
実施してみた状況。
施工現場&実施状況

Ecoンビ工法は,蓋のガタつき騒音を発生させないリボーン側溝(NETIS CG-980014-VE)の技術を応用した補修・改修工法です。
Ecoンビ工法(エコンビ)は,既存の側溝の蓋のみを変える工法であり,一次蓋を固定させた後に,二次蓋を載せるだけです。
既存の側溝を補修し,Ecoンビ工法を実施した箇所と,既存の側溝そのままにした箇所の現場を比較してみました。

  敷設現場: 新潟県村上市坂町
エコンビ工法を実施した状況 ↓ 既存の側溝はそのままの状況 ↓
 敷設現場は新潟県村上市坂町。同じ道路で比較。   蓋だけを取り替えた既存の側溝(右側)↑
エコンビ工法で補修してみた状況 左側(上)↑ 既存の側溝のままの状況 右側(上)↑
エコンビ工法 概略図 エコンビ一次蓋 の上に エコンビ二次蓋 を載せる(上)
エコンビ一次蓋の外側には,既存の道路用側溝の側壁(左上の図)があるため,側面の外圧にも強い。

エコンビ二次蓋(下)↓は,”薄くて軽い高強度のレジン製蓋” Ecoンビ二次蓋は,専用金具で取ると外しやすい。↑

 Ecoンビ工法 Ecoンビ二次蓋の使用方法
 
  Ecoンビ二次蓋(レジン蓋)は,下記の両方の用途で使用可能。

 「RUG側溝」(リボーン側溝シリーズ)「Ecoンビ工法」(一次蓋)


Ecoンビ工法 お問い合わせ
総合 東日本担当
坂町窯業株式会社
西日本担当
株式会社カンケン
施工後,数年経過した後のエコンビ蓋の状況。 問題なし。 Ecoンビ工法研究会 会員一覧