模倣品・不正競争品対策

<模倣品名>  消音側溝        <模倣品>   下記の不正競争の広告図面のとおり
<模倣品販売者>  
  全国消音側溝工業会,九州消音側溝工業会,同工業会佐賀県支部
<模倣品対策の詳細> 模倣品対策レポート(関連する一連事件,及び,証拠)
<模倣品製造販売団体ら全国消音側溝工業会の現状> 
 模倣者団体(全盛期
25社)各県警告発(送検された模倣業者は模倣品の製造を中止)
 事務局ウチコン(冒認特許無効確定)も岐阜地裁判決後,製造販売中止。会社も解散
 全国消音側溝工業会も事実上解散,壊滅。 
 一部地域で残党による模倣品「消音側溝」の販売を確認。

<模倣品対策の進行状況> 模倣品「消音側溝」を製造販売する被疑者ら告発準備中

<模倣品対策関連事件>
 模倣品「消音側溝」及び「消音グレーチング」の模倣品対策
 模倣品「消音側溝」の特許無効判決
 模倣品「消音グレーチング」の特許無効判決

<模倣品「消音側溝」製造販売の手口>  
 摸倣品・不正競争品製造販売による不当利得目的,周知表示混同惹起行為,虚偽風説流布
 (鹿児島の模倣業者ら),実用新案番号虚偽表示,商標権侵害(ウチコンの関連会社)するなどで特許庁
 
,冒認特許権・実用新案権(いずれも無効確定)取得。

  裁判所特許庁事件外国公文書偽造して行使(私文書偽造等行使)したり悪徳弁理士
 
特許庁審判官(処分されたと通謀結託し有利な審決に誘導させたり,事件担当者脅迫するなど加害
 して模倣品対策妨害して権利濫用し,あらゆる不正行為駆使して,模倣業者らを幇助,模倣品販売
 に加担。 模倣品被害の元凶が悪徳公務員や悪徳弁理士に起因する事例。

 
模倣品製造業者に対する措置  刑事告発で対処 不正競争防止法 ・ 知的財産基本法
模倣品・不正競争品の広告掲載の雑誌の写し  積算資料(九州版) 財団法人経済調査会 発行
摸倣対策の教訓
 摸倣体質の濃い業者と取引すると、情報が盗まれ、企業価値を損ない競争力を失う。
 誠実な企業は、販路が奪われ、最悪は倒産。(模倣業者は安売りで生き残る)
 模倣業者との取引は要注意。(情報を盗まれて市場がのっとられる恐れ高い)
 日本政府も、摸倣対策を強くしている。(日本政府の模倣品対策
 模倣業者の末路は、市場での信用がなくなり、倒産の道を歩む。

模倣品対策 模倣対策の実績 日本政府の模倣品対策 知的財産基本法