(4) 
岐阜県警察本部悪徳弁理士から偽造文書押収(押収品目録交付書)



悪徳弁護士とは,原告訴訟代理人弁護士のことを指す。
<平成12年(ワ)第536号事件>
 先願特許を無効にする目的で,模倣者ら(上記事件の原告)がフィリピン国家図書館の公文書を偽造し,岐阜地方裁判所,及び,特許庁の事件で行使した。(2度の偽造文書行使)
 よって,特許権者と原文男が原告訴訟代理人弁護士ら三名(悪徳弁護士鈴村,悪徳弁理士小島,模倣者ウチコン)を告発し,偽造・行使の事実,証拠を追求していた。

 悪徳弁護士鈴村,悪徳弁理士小島,模倣者ウチコンが,偽造文書を岐阜地方裁判所及び特許庁の事件で上記偽造文書を行使しておきながら,「偽造文書を行使していない,名誉毀損だ」などと虚偽を用い,詐術を用いて,再び,フィリピン偽造文書を行使して平成12年(ワ)536号事件を提起した。(偽造・行使の犯罪は3回目)

○模倣者が,模倣品を売る目的の為なら,偽造文書まで行使する事例である。
○悪徳弁護士,悪徳弁理士が,偽造文書であることを知りながら,模倣者の為に,偽造文書を行使し
  た極めて悪質な事例である(弁護士倫理違反、判例)
○警察が,悪徳弁理士小島から押収した偽造文書犯罪証拠を,悪徳弁護士が提出

○特許庁の事件,岐阜地裁の事件で,偽造文書を行使した悪徳弁理士はここに所属している。
  (岐阜県警察本部から,偽造文書の犯罪証拠を押収された弁理士↑)偽造文書同行使の犯罪を
  犯した弁理士でも匿ってくれる組織になり下がっているのか。
○特許庁,経済産業省はなぜ告発しないのか?
  天下り先の斡旋等の贈収賄の疑いがあるからである。
  極めて悪質な輩が,経済産業省,法務省の職員になると,ここまで腐る。
  故に,告発して明らかにしなければいけないのである。
  外国が日本製品を模倣して日本で売る原因はここにあり,模倣品が減らない所以である。



模倣対策 判定制度 模倣品110番
レポート1 模倣者 ・悪徳弁護士 ・悪徳弁理士 ・悪徳公務員戦った実録
レポート2 悪徳公務員不正行為対し関係省庁処分請求(内容証明抜粋)
レポート3 悪徳弁護士 ・弁理士 ・模倣者、岐阜地裁偽造私文書同行使した状況
レポート4 岐阜県警察本部悪徳弁理士から偽造文書押収(押収品目録交付書)
レポート5 裁判資料 ・告発資料(模倣品対策 ・実録の証拠)
レポート6 公文書偽造文書(模倣者が行使)の比較 (岐阜地裁)
レポート6-2 偽造文書(模倣者が行使)の偽造箇所
レポート6-3 悪徳弁理士偽造文書同行使自白した証拠
レポート7 フィリピン国家図書館偽造文書事実確認 
レポート8 米国弁護士証明書(フィリピン国家調査局NBIによる偽造文書の捜査)
レポート8-2 フィリピン国家調査局(NBI)による当事者尋問調書
レポート9 悪徳弁理士 ・模倣者、特許庁事件偽造私文書同行使した証拠
レポート10 悪徳弁護士対する処分請求事実(弁護士会の書面)
レポート11 悪徳公務員対する対処事実
レポート12 悪徳公務員(検察官2名)を告訴した証拠
レポート13 悪徳弁理士 ・模倣者告訴した証拠事実(1)
レポート14 悪徳弁理士 ・模倣者告訴した証拠事実(2)
レポート15 名古屋高等裁判所交付証拠証明書(偽造文書行使の事実)
レポート16 悪徳公務員(特許庁)による登記簿改竄(事件経過)の証拠
レポート17 悪徳公務員(特許庁)による模倣者らへの便宜証拠(告発事件の妨害)
  成 敗 これが私の正義である! (悪の協力者が,例え司法官権であろうが悪は叩く!)