(12) 
悪徳公務員(検察官2名)を告訴した証拠

悪徳公務員(被疑者検察官2名↑)が在籍していた検察庁はここだ↓
参考 足利事件(冤罪で実刑15年刑務所で服役させられた悲惨な事件) 

被疑者(1)と(2)の検察官の所在を追う・・・身の危険を感じる。
 軌跡を記録。岐阜地方検察庁御嵩支部には在籍していなかった。 念のため追跡・・・
 岐阜地方検察庁に在籍確認「両名は県外に異動。在籍する検察庁は不明。」と聞いた。
 岐阜地裁に付審判請求したので、検察庁が意図的に両名を岐阜県外に異動させたと感じた。
 これが、国民の信頼を損なう危険行為の実態であり、不信の理由である。(平成18年)

 数年後、証拠物件改ざん不正行為による「大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件」で、
 大阪地方検察庁特捜部の主任検事、特捜部長、特捜副部長が逮捕されたことは(平成22年)、
 国民の知るところであり、検察官であろうが、不正行為はしているのだと実感した。

 尚、悪徳弁護士悪徳弁理士が、平気で勝手気ままに特許庁や岐阜地裁に、私文書偽造同
 行使するわけだから、検察官だからとて、証拠改ざんや虚偽や偽証は不思議ではない。

 また、悪徳弁護士や悪徳弁理士、検察官らの不正行為を知った関係公務所が、この悪党らを
 組織的に隠匿し匿う不正行為も存在するのだ!ということ、そして、いつの時代も不正行為は
 繰り返されるのだ!ということを、時を超え、「大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件」で
 再確認できたものである。 心苦しいが、裁判官とて信用できない所以である。
 国民にとって、検察官の不正行為により冤罪で逮捕されることは、一番危険なことだと思う。

 誰が、悪徳弁護士ら悪徳公務員らの権利濫用を見逃す国にしたのか? 将来を危惧する。
 一つの不正行為が複数に増幅して、多くの被害者を生み、次から次に不利益を生じさせ、国益も
 害することは、不正行為の歴史が証明してくれる。
 
 裁判員裁判制度(平成21年)が開始されたが、信義に従い誠実に訴追する者、心の魂から
 真実を主張し聞き取り理解する者だけに、法の女神テミスが微笑んでくれるはずだから。

 最後に、無知な者が、我欲や出世欲に溺れ、権力を乱用するは恥である。
    「善なる人々が行動を怠れば、必ず悪が勝利する」エドマンド・バーク
    「細菌は日の光に照らすのが一番である」米国連邦最高裁判所判事
 原点に返り、初心に戻って、審議に従い誠実に職務をこなされることを祈念する。
 被害者の執筆       



模倣対策 判定制度 模倣品110番
レポート1 模倣者 ・悪徳弁護士 ・悪徳弁理士 ・悪徳公務員戦った実録
レポート2 悪徳公務員不正行為対し関係省庁処分請求(内容証明抜粋)
レポート3 悪徳弁護士 ・弁理士 ・模倣者、岐阜地裁偽造私文書同行使した状況
レポート4 岐阜県警察本部悪徳弁理士から偽造文書押収(押収品目録交付書)
レポート5 裁判資料 ・告発資料(模倣品対策 ・実録の証拠)
レポート6 公文書偽造文書(模倣者が行使)の比較 (岐阜地裁)
レポート6-2 偽造文書(模倣者が行使)の偽造箇所
レポート6-3 悪徳弁理士偽造文書同行使自白した証拠
レポート7 フィリピン国家図書館偽造文書事実確認 
レポート8 米国弁護士証明書(フィリピン国家調査局NBIによる偽造文書の捜査)
レポート8-2 フィリピン国家調査局(NBI)による当事者尋問調書
レポート9 悪徳弁理士 ・模倣者、特許庁事件偽造私文書同行使した証拠
レポート10 悪徳弁護士対する処分請求事実(弁護士会の書面)
レポート11 悪徳公務員対する対処事実
レポート12 悪徳公務員(検察官2名)を告訴した証拠
レポート13 悪徳弁理士 ・模倣者告訴した証拠事実(1)
レポート14 悪徳弁理士 ・模倣者告訴した証拠事実(2)
レポート15 名古屋高等裁判所交付証拠証明書(偽造文書行使の事実)
レポート16 悪徳公務員(特許庁)による登記簿改竄(事件経過)の証拠
レポート17 悪徳公務員(特許庁)による模倣者らへの便宜証拠(告発事件の妨害)
  成 敗 これが私の正義である! (悪の協力者が,例え司法官権であろうが悪は叩く!)